【飛行機に乗って貯まるのはマイルだけじゃない】ANAプレミアムポイントについて解説

”マイレイージ(マイル)を貯めよう”というフレーズは、色々なところで聞きます。

実は、飛行機に乗って貯まるのはマイルだけではないのです。

ANAであれば”プレミアムポイント”というのが貯まります。

今回は、プレミアムポイントはどうやって貯まるのか??

貯まるとどういったメリットがあるのか??

について解説します。

結論。プレミアムポイントを貯めるには”乗る”しかありません。貯まるとANAおよびSFCの上級会員になれます。
飛行機 空 ANA
スポンサーリンク

プレミアムポイント貯め方

プレミアムポイントは乗って貯める以外に方法はありません。

ステイタス獲得条件に達するひたすら乗るしかないのですが、

以下の基本事項を把握することは重要です。

  • 国内線 2倍
  • アジア線 1.5倍
  • チケットのランクによって掛け率変動
  • 積算は1月1日から12月31日まで。

これらのことを鑑みて効率よくポイントを獲得する必要があります。

ANA・JALは高い??LCCって本当に安い??【チケットの取り方と考え方次第です】
旅行代金中で航空券代は相当な割合を占めますので、可能な限り安くおさえたいところです。LCCは価格あ非常に安いのが売りです、では、ANAは割高なのか検証しました。実際はチケットの取り方と考え方次第です。
マイルの価値を考えてみる【特典航空券で海外旅行にいくのがお得】
飛行機搭乗の楽しみの一つにマイレージ(マイル)があります。ちなみに、大手航空会社(ANA、JAL)とLCCではマイル積算を加味すると、実は価格帯もほぼ同等です。1マイルがいったいどのくらいの価値を持つのか??マイルの効果的な使い方はなにか??を解説します。結論として、マイルは国際航空券に変換、できればビジネスクラス以上に変換するのがお得です。

ANA上級会員のステイタスと獲得条件

  • ブロンズ 30000 
  • プラチナ 50000
  • ダイヤモンド 100000
  • このうち半分はANAの路線で獲得する必要があり。

ANA プラチナ ステイタス

メリットはランクによって様々です。

ここではプラチナ以上のお話をします。

というのもブロンズ止まりでは都合が悪いためです。

理由は後述します。

  • ANAラウンジの使用
  • 専用保安検査場
  • 優先チェックインカウンター
  • 優先搭乗
  • 手荷物も優先返却
  • 座席指定の優先
  • 空席待ちの優先
  • 特典航空券の先行予約
  • 特典航空券の空席待ち優先
  • アップグレードポイント
  • フライトボーナスマイル

メインとなるのはこんなところです。 

ダイヤモンド会員になるとANA SUITE ROUNGEという、

さらにハイスペックなラウンジを利用することができます。

どのくらい乗れば良いの??

羽田-那覇で、一番割安なスーパーバリュー75のチケットで考えます。

一回のフライトで貯まるポイントが1,476なので、

プラチナステイタスを達成しようとすると

50,000 / 1476 = 34回 (17往復)

となります。

けっこうな回数ですね。

搭乗回数を減らすためには、より効率の良いプレミアムクラスなどのチケットを買う必要があります。

ただし、必要経費は多くなります。

路線によりますが直前アップデートで安価で搭乗本数を減らす方法もあります。

参考にしてください。

効率が良い路線、悪い路線

東京、新千歳、福岡が絡む路線は効率が悪いです。

基本的にはマイルと同じで長距離を乗る方が効率的なので、

那覇や石垣に向かう便が効率良く貯めることができます。

プラチナステイタスからSFC会員へ

さて、前述のブロンズよりプラチナの本題です。

結論からいうと、

ANAプラチナステイタスがあるとSFC会員というのになれます。

SFC会員とは?

SFCとはSUPER FLYERS Cardのことです。

これは一度、会員に登録すると半永久的に資格を維持できます。

(現制度上です。2019.3月現在)

このSFC会員になるために、プラチナステイタスが必要なわけです。

ちなみに、ぼくはまだこの資格はないです。

現在、修行中。年内に獲得します。

SFC会員のメリットは??

前述のプラチナステイタスのサービスと同様と考えてOKです。

しかも、ラウンジは同行者一名無料です。国際線もです。

(同乗者もANAマイレージクラブカードが必要)
↓カードをお持ちでない方はこちらから

 

プラチナステイタス自体はプレミアムポイント次第で、一年でさようならですが、

SFC会員になっておけば、永年同様サービスを受けられるというわけです。

しかも、SFC会員は年に一度でもANA便に乗ればアップグレードポイントが4もらえます。

これは国内線のプレミアムクラスに一度利用することができるポイント数です。

プレミアムクラスへのアップデートは少なくとも1万円はかかりますから、

これだけでも年会費相当の価値と考えて良いと思います。

ということで、どうせ獲得するならプラチナステイタスです。

ということで、ANAプレミアムポイントの基本事項について整理しました。どうせなら一年頑張ってプラチナクラスを獲得しSFC会員なりましょう。