スポンサーリンク

【医療統計の基本のキホン(5)】3つのグループの比較

グループ(群)のデータを比較するときは、2グループの場合と比べて手間が増えます。

少し解釈が面倒になるので、本記事ではおおまかな流れを解説します。

おおまかな流れを把握したら、教科書を精査していただいて知識を深めていただきたいと思います。

木を見て森を見ず

【医療統計の基本のキホン(1)】グラフに統計的処理の結果を乗せる。
プレゼン資料を提示した際に説得力を持たせるためには、統計処理を施すことが必要です。このシリーズでは、医療プレゼン資料作成のために最低限必要な統計知識を身につけるための解説です。今回はデータの種類と検定方法にの一番大きな分類についてです。
【医療統計の基本のキホン(2)】データの種類と平均値比較の大分類
臨床研究でデータを集めたときに、どんな統計処理を施してそのデータの比較を行うかを判断する場合、”そのデータはどんな性質のデータか??”をみるところから始まります。本記事では、そのデータの種類と平均値比較の統計処理の大分類を解説します。
【医療統計の基本のキホン(3)】平均値比較の”対応”ってなに??
平均値の比較を行う場合に”対応の有無”で選択する必要があります。そもそも”データの対応”が何かを理解しないと正しい選択ができません。今回この”対応”についてと選択する検定方法のまとめです。
スポンサーリンク

まずは全体像の把握

3つのグループを比較する時は、まず全体像の把握が大切です。

”木を見て森を見ず”になってはいけません。

 

全体をみて、”あれちょっと違うかな??”ということを把握したあとで、

”じゃあ、どこが違うだろう??”という順序立てた統計処理が大切です。

 

では、以下の表にまとめます。

3群比較

ここでも、パラメトリック、ノンパラメトリックは意識して使う必要があります。

パラメトリックが使える条件は以下を確認する必要があります。

  • nが十分に多い
  • 各群の分散が等しい
  • 各群のデータは正規分布に従う
  • 分布に極端な偏りがない

一元配置 と 二元配置

ANOVAには二種類あります。以下にまとめす。

  • One-way ANOVA → 一元配置に適応 要素が一つ 単純
  • Two-way ANOVA → 二元配置に適応 要素が二つ 複雑

だいぶこの辺で話が難しくなってきました。

なんで、話を単純化していきます。

身長のデータで具体化します。

一元配置は”国”の要素のみです。

二元配置は”国”と”部活動”の2要素です。

データの形式により適応する統計テクニックが違いますので注意しましょう。

一元配置

 

全部の組み合わせで比較すればいいじゃないの?? → ダメです。信頼度が下がります。

たとえば、A、B、Cの3群の総当たりは以下のようになります。

  • A vs B
  • B vs C
  • C vs A

です。これで全部でt検定をして有意差がなければ、全体として有意差なしで良いのか??

というと、ダメです。

有意差がない確率はα=0.05、p>0.05の時は95%です。

95%の確率が3回連続で起こる確率は

0.95 × 0.95 ×0.95 = 0.857   約86%です。

14%は有意差が出てくることになります。

 

これでは統計的に信頼に足るデータではなくなってきます。

なので、全体の比較→個別の比較 と進める必要があります。

これは群数が増えれば増えるほど、組み合わせが多くなるので、この方法では信頼性が保証できないのは明らかです。

ということで、今回は3グループの比較についてでした。ほんのさわりの部分なので、ある程度わかったら是非教科書を読んで勉強してみてください。僕も今だに勉強中です。

↓おすすめ著書

コメディカル統計テキスト エクセル活用 [ 宮城重二 ]

created by Rinker
¥2,592 (2019/06/19 13:50:44時点 楽天市場調べ-詳細)
 

統計解析なんかこわくない 第2版 データ整理から学会発表まで [ 田久 浩志 ]

created by Rinker
¥2,592 (2019/06/19 09:51:55時点 楽天市場調べ-詳細)