スポンサーリンク

何にでも使えるテクニック!! 自分好みのプレゼンの配色をきめる3ステップ

今回は、前回に引き続きスライドの配色の話。

ご施設にイメージカラーはありますか??

大企業はイメージカラーが定着していますよね。三菱の”赤”、パナソニックの”紺”とか、ANAの”スカイブルー”などなど。

おそらく、自施設のホームページをみればイメージカラーは確認できるかと思います。

 

ホームページもしくは病院のロゴで一番多く使われている色がイメージカラーです。

スライドに病院ロゴを提示している方も多いですが、

その場合、イメージカラーに合わせてタイトル用、強調用の配色をそれぞれ決めるとスライド全体に品がでます。

今回は、病院のイメージカラーを基準として、ちょうど良い配色を自動的決めてくれる方法を解説します。

このテクニックはポスター作成やwebデザインなど色々な場面で活用できます。

以下の3ステップで簡単に可能です。

  • イメージカラーをキャプチャ → スポイト機能で色の抽出 → 色の番号確認
  • Palletonに番号入力 → 配色を調整 → 配色をキャプチャ
  • 配色をキャプチャをスライド貼り付け → スポイトで色を抽出 → スライドに反映

手順多い、とつっこまれそうですが、とても簡単なので是非トライしてください。

色設定

上の図から好きな色を抽出して、スライドの配色を決めていきます。

イメージカラーをキャプチャ → 色の抽出 → 色の番号確認

まずはほしい色の部分をスクリーンキャプチャします。

Macなら shift + command + 4 で好きな部分を一発で選択できます。

(ちなみにshift + commando + 3で全画面キャプチャ)

Winならprint screen機能を活用してください。

プレゼンソフトに貼り付け。

(今回はkeynoteで行いますがPower pointでも同じことができます。)

スポイト機能

 

文字でも背景でもかまわないので、カラー選択のタブを開きます。

下段、左のスポイトの絵に注目

 

スポイト機能

 

スポイトは画面から色を抽出してくれる機能です。

ここをクリック後、抽出した色の部分をクリック。

 

スポイト機能

 

そうすると色が抽出されますので、右側へ格納します。

これで、その色は半永久的に使えるようになります。

 

スポイト機能

スポイト機能

次に色の番号確認をします。

デジタルでは色はすべて番号化されて管理されており、それを確認します。

色のスライドバーのタブから “RGBつまみ” を選択。

16進数カラー値 をコピーする。

16進数カラー値

 

プレゼンソフトでの作業は、一旦ここまで。

 

Palletonに番号入力 → 配色を調整 → 配色をキャプチャ

Palleton.comはカラーホイールとカラーパレットが連動して動くソフトで、

web上で無料で公開されています。

スライドの配色以外に様々な用途で使えると思います。

是非、お試しください。

 

Palleton.com

さて、Palleton.com開いたらページ左下(Base RGB)に先ほどコピペした、16進数カラー値を貼り付けます。

Palleton.com

 

そうすると先ほど選択した色が基準の色として設定されます。

その状態で上段の三方向への矢印を押すと、強調用に使えるカラーが自動で出てきます。

基準のカラーが寒色(青)系の場合、強調用は暖色(赤)系が選択されます。

色の明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)はカラーホイール中央で調整が可能です。

 

Palleton.com Palleton.com

 

少し角度がついているのがポイントで、強調用は基準色の正反対はNGです。

さらに、あまり基準色側へよってもダメなので60°までを上限としましょう

色を自分の好み調整したら、右側パレット部分をキャプチャです。

Palleton.comPalleton.com

スライド貼り付け → スポイトで色を抽出 → スライドに反映

ここまでくれば、もう多くを語る必要はないと思います。

パレット部分をプレゼンソフトに貼り付けて、スポイトで強調色を抽出して使います。

では、実際に配色したものが下です。

プレゼン資料 配色

 

次は実際、私の施設のイメージカラーから配色を展開したものです。

プレゼン資料 配色

 

ということで、好きな色からスライドの配色を決める方法についてご紹介しました。

一度やっておけばその色はずっと使えるので便利かと思います。

スライドだけではなく、ポスター作りやweb資料作成などにも応用可能です。

覚えておいて損はないと思いますよ。