スポンサーリンク

プレゼンでみやすいフォントを考えてみた。

今回はプレゼンテーション資料のフォントについて考えてみようと思います。

プレゼン資料は ”観て” もらうという性質がある以上、フォントの使い方も重要な要素です。

とういことで、今回は以下の3つの点についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

文字の種類

キーボード

コンピュータでの文字は ”フォント” という形式で保管・管理されます。

keynoteでのフォント選択の画面を提示しますが、プリセットだけでも相当な数があります。

keynote フォント選択画面

フォント選択

 

ここで、どういった種類があり、その特性はどういうものか考えてみましょう。

最もの有名なフォントの二大分類は ”ゴシック体”“明朝体” ではないでしょうか。

これがどう違うのか??

基本は飾りのあり、なしです。

 

ゴシックは文字の端の飾りが付きません。なので、ブツっとおわります。

対して、明朝体は飾りが付きます。なので、ひらがなだとはらったような線が飾りとしてはいります。

ゴシック 明朝

 

欧文では、飾りありを ”セリル体”飾りなしを ”サンセリフ体” と言います。

では、それぞれどういった特性があるのか考えましょう。

英字新聞

図は英字新聞のサンプル画像です。

おそらく、使用フォントはTime New Roman、つまりはセリル体、飾りありです。

飾りありのフォントは “読むこと” に適していると言われています。

可読性が高い、ともいいます。

日本の新聞も見出しを除いた読む部分には、基本的に明朝体が使われています。

医学論文も読む部分は明朝体もしくはセリル体系が使われます。

 

 

ポスター

では、ゴシックはどうか??

これは ”観る” ことに適した文字と言えます。

ゴシック系の文字は視認性が高いとも言われます。

ボランティア応募もポスターのサンプルです。

上段のポスターでは“VOLUMTEER” の部分はゴシック系の文字となっています。

 

下にまとめます。

 

フォントまとめ

 

では、次に “MS Pゴシック” の “P”って何??ということを考えてみます。

ちなみに “MS” はMicro Softですね。

”P” は “プロポーショナル” を意味します。

フォントの種類にはプロポーショナルフォントモノスペースフォントの二種類があります。

  • プロポーショナルフォント : 文字間隔が最適化される
  • モノスペースフォント: 文字間隔が一定

同じ文章を書いた場合、モノスペースフォントの方が文字間隔が広がります。

プロポーショナル モノスペース

 

プレゼン資料はゴシック系

ここまで読んでいただいた方もうお気づきと思いますが、

プレゼン資料作りは、ゴシック系 – プロポーショナルフォントが基本です。

ゴシック系の方が視認性に優れますし、プロポーショナルフォントを使わないと、文章が間延びしてしまいます。

とはいえ、macのプリセットフォントでは、モノスペースフォントは使えないので、

ゴシック系のフォントをチョイスすれば問題ありません。

 

フォントタイプで変化を与える

同じフォントの中にも種類が存在します。

字を斜めにしたり、太くしたり、すこし細くしたり。

これでも変化をつけることができます。

keynoteはフォントの下、ポイントの左側のタブ。

Power pointはフォント選択時の右側の▶︎から入ります。

Helveticaでのパターンを示します。

フォント タイプ

どのフォントでもこれだけの種類があるわけではなくで、種類が多いのも少ないもの様々です。

まずは、レギュラーで自分のお気に入りのものを決めて、各パターンがどんな様子か確認しておくのが良いでしょう。

読んでいただく部分はレギュラー or ライト、

強調やタイトルに使う場合は、ボールドに変えると良いと思います。

 

 

とういことで、今回はプレゼン資料のフォントについて考えてみました。

プレゼン資料作りは、ゴシック系 – プロポーショナルフォントを使いましょう。