スポンサーリンク

ANA・JALは高い??LCCって本当に安い??【チケットの取り方と考え方次第です】

旅行代金中で航空券代は相当な割合を占めますので、可能な限り安くおさえたいところです。

LCCは価格あ非常に安いのが売りです。

実際、僕も年に2回程度しか飛行機に乗らない時はLCCで充分かなと考えていました。

しかし、いろいろな要素を考えていくと、

ANAやJALもそう高くない、

ということが解ってからは

ANA一択にしています。

正直もっとはやく気づくべきだったと、感じています。

ということで、今回はANAやJALは割高なのか検証しました

結論は、チケットの取り方と考え方次第です。早割でとって、マイル加算を加味すれば決して高くありません。LCCは手荷物での加算にも注意です。

格安航空券

スポンサーリンク

LCCのメリット【現金払いが少ない】

東京(羽田・成田)- 札幌間で2019/6/3を想定して、トラベルコで航空券を検索しました。

LCCであるJetstar、Vanilla ariは成田-札幌間で6,000円を切る価格で非常に安くなっております。

一方で、ANAとJALではどうか??

札幌-羽田間で約12,000円と、LCCと比較して倍の値段設定です。

やはり、現金の支払いが少なく済むというのはLCCの大きな魅力だと思います。

トラベルコ 検索

トラベルコ 結果

LCCのデメリット【成田発着が多い】

前述の通りLCCは成田発が多いです。では、品川と羽田・成田間の交通費を計算しましょう。

  • 品川-成田間;スカイアクセス(1,500円)or スカイライナー(2,700円)
  • 品川-羽田間;京急線(410円)

となると、

  • LCC 成田発 Jetstar 5,340 + 2,000 =   7,340
  • ANA 羽田発    11,860 + 410   = 12,270 

少し差が埋まりましたね。

これに加えて、成田への移動は一時間以上かかります。羽田は30分程度です。

ここの差はかなり重要です。

成田は都心から遠いのです。お金と時間の両方かかります。

マイル加算を含めればANAは高くない

次に、ANA、JALの大きな魅力の一つであるマイルについて考えていきます。

今回はANAについてのみシミュレーションします。

まず、東京-千歳間で貯まるマイルですが、以下のようになります。

 

条件は

ゴールドカード(+25%)

ANAスーパーバリュー75(運賃7 積算率75%)

↓この時の積算マイル

東京-千歳 477マイル

 

今回、設定をゴールドカードにしたのはスターアライアンスのマイルを貯めて飛行機に乗ることを想定する場合、最低でもゴールドカードを所持しておいた方が良いからです。

実際、ぼくもこれをメインカードとしています。

 

ANA マイルシミュレーション

ANA マイルシミュレーション

 

ANA 1マイルの価値を考えてみる【マイルで海外旅行にいくのがお得】
飛行機搭乗の楽しみの一つにマイレージ(マイル)があります。ちなみに、大手航空会社(ANA、JAL)とLCCではマイル積算を加味すると、実は価格帯もほぼ同等です。1マイルがいったいどのくらいの価値を持つのか??マイルの効果的な使い方はなにか??を解説します。結論として、マイルは国際航空券に変換、できればビジネスクラス以上に変換するのがお得です。

マイルは特典航空券に変換するのが一番お得です。

わかり易くするために、以下のレートで計算します。

  • 国内線                      : 2円 / 1マイル
  • 国際線(エコノミー):3円 / 1マイル 
  • 国際線(ビジネス)  : 5円 / 1マイル 

コツコツとマイルを貯めてビジネスクラスの国際航空券に変換した場合、

11,860(航空券) + 410(交通費) – 477(獲得マイル) × 5(変換レート)

= 9,885

となり、LCCとの差は2,000円程度になります。

  • 国内線        : 2円 / 1マイル → 11,316
  • 国際線(エコノミー):3円 / 1マイル → 10,839

となります。

成田までの移動時間を考えると充分に許容範囲内かと、僕は考えます。

LCCのデメリットその2【制約が多い】

窓口カウンターが遠い

LCCの窓口カウンターはとても遠いです。

僕のメインユースの空港である千歳空港では、JRの到着口からかなりの距離を移動する必要があります。

LCCは荷物の制限が厳しい。追加料金発生あり。

LCCでは持ち込める荷物のサイズはANAやJALより小さく設定されています。

各社かなり細かい規定があるので確認が必要ですが、おおまかにいうと

  • ANA : 20kgまで無料
  • LCC : 7kg-10kgまでが無料。それ以上は追加料金発生

航空券自体は安く予約できたけど、実際、空港へ行ったら追加料金で総額は高くついた

という状況も想定できます。

重量制限

座席が狭い

スタンダードの座席の比較です。

ANAやJALは31インチ=約79cm)。

それに対して、LCCは29インチ(約75cm)が採用されています。

小柄な方であれば問題ないのですが、この5cmの差はけっこう効いてきます。

ANA、JALがあう人

  • マイルを貯める
  • 年に数回は飛行機に乗る
  • 時間はできるだけ節約したい

LCCがあう人

  • とにかく現金支出を抑えたい
  • 時間には結構余裕がある
  • 手荷物は少ない

 

結論

ANAの航空券は決して高くない。サービスを考えると極めて値段相応。

ANA 1マイルの価値を考えてみる【マイルで海外旅行にいくのがお得】
飛行機搭乗の楽しみの一つにマイレージ(マイル)があります。ちなみに、大手航空会社(ANA、JAL)とLCCではマイル積算を加味すると、実は価格帯もほぼ同等です。1マイルがいったいどのくらいの価値を持つのか??マイルの効果的な使い方はなにか??を解説します。結論として、マイルは国際航空券に変換、できればビジネスクラス以上に変換するのがお得です。

 

 

ということで、今回は大手ANAとLCCの航空券の価格について比較してみました。自分の用途をしっかり把握して、使う会社選択しましょう。

↓ ANA JCBカード申し込み 年会費2000円〜