スポンサーリンク

プレゼンテーションは医療従事者の必須テクニックです。

スポンサーリンク

医療従事者って??

医療従事者と聞いて何を想像しますか??

白衣を着て、病院でお仕事。これが一般的なイメージでしょうか。

医療従事者は、多くの専門職があります。

医師、歯科医師、助産師、保健師、看護師、准看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学士、言語聴覚士、義肢装具士、歯科技工士、歯科衛生士、就業はり師、就業きゅう師、就業柔道整復師、救急救命士

があります。

さらに、病院では医療事務職やソーシャルワーカーも医療に携わる方々です。

それぞれ、各自の専門職として働いていて、いわゆる ”学会” というものが存在します。

プレゼンテーション

医療従事者とプレゼンテーション

 

学会では、研究発表や講演が行われるわけです。

そう、それはプレゼンテーションの場。 

さらには、院内での勉強会、カンファレンス、週末にある研究会などがあり、

医療従事者はプレゼンテーションをする機会がけっこう多い職業です。

プレゼン力を一気にあげる魔法の方法 -TEDS形式プレゼンの威力-
”プレゼン力”って大切ですよね。スライド資料にたくさんの時間を使って、頑張って綺麗な資料を作っても、うまく聴衆に伝えることができなければ、元も子もありません。急速にプレゼン力を上げる方法、それがTEDS形式プレゼンです。TEDS形式プレゼンの魅力を解説。
学会プレゼン 基本の6つの構成 
学会発表ではいわゆる ”型”  が存在します。学会資料は鉄板の流れがあります。背景→目的→方法→結果→考察→結論。学会資料作成に最低限必要な知識として、一般的な構成を紹介と、そのコツをご紹介します。
学会発表の演題登録から発表までの5ステップ
若手の時に上司から学会発表するように命じられる場合があります。命令を受けた若手を見ていると総じて困っています。”発表までこぎつける道のり全くわからない”とのこと。この記事では、学会への登録から発表一通りの流れを紹介いたします。これから発表を頑張りたい方の一助になればと思います。
プレゼンの上達は普段の業務にもつながる
プレゼンというと、会議室や学会場でかしこまって行うイメージですが、そうではありません。日々の業務の中にも潜んでいます。潜んでいるといいうか、意識しておくことで、プレゼンも日々の業務もうまく回りだします。プレゼンと日常業務との関係について解説します。

ですが、そんなことはあんまり知られていません。学校でも習いません。

そして、医療系プレゼンテーションのweb資料もありません。

ということで、このブログでは医療系プレゼンテーションのノウハウを考えていきたいとおもいます。

そして、時々旅の報告もね。

【北海道民でも食べたい函館グルメ】 5選 まとめ
函館は北海道の南端に位置し、札幌とは243kmもの距離があるためか独自の食文化を有しています。函館は美味しいものが多すぎです。北海道民も憧れる函館のグルメをまとめます。