マイルの価値を考えてみる【特典航空券で海外旅行にいくのがお得】

飛行機搭乗の楽しみの一つにマイレージ(マイル)があります。

ちなみに、大手航空会社(ANA、JAL)とLCCではマイル積算を加味すると、

実は価格帯もほぼ同等です。

今回の記事では

1マイルがいったいどのくらいの価値を持つのか??

マイルの効果的な使い方はなにか??

を解説します。

結論として、マイルは国際航空券に変換しましょう。できれば、ビジネスクラス以上に変換するのがお得です。

 

ANA・JALは高い??LCCって本当に安い??【チケットの取り方と考え方次第です】
旅行代金中で航空券代は相当な割合を占めますので、可能な限り安くおさえたいところです。LCCは価格あ非常に安いのが売りです、では、ANAは割高なのか検証しました。実際はチケットの取り方と考え方次第です。
スポンサーリンク

マイルで航空券を買う「特典航空券」の仕組み

特典航空券とは貯めたマイルを使って予約することの航空券です。

もちろん国内線、国際線、両方とも予約可能です。

予約は搭乗日355日前から予約できます。

必要なマイル数がシーズン(High、Regular、Low)により分けられていて、

かなり細かい設定になっています。

オフィシャルホームページでご確認ください。

 

↓日本発、ヨーロッパ行き特典航空券 必要マイル数

ANA 特典航空券

1マイルの価値を計算してみる

今回は、シーズンの違いなどもあるので、

およその1マイルの価値を知るため、

少し大雑把に計算していきましょう。

国内線

国内線の中で一番距離の長い札幌 – 沖縄間で考えてみましょう。

札幌-沖縄 往復 シーズン:  Regular  必要マイル 20,000

札幌-沖縄 往復 スーパーバリュー75  ¥25,780

1マイルの価値 = 25780 / 20000 ≒ 1.29

国際線

東京からヨーロッパのハブ空港であるフランクフルトへ、で考えます。

シーズンクラスはRegular

往路 6/3、復路 6/13 でシミュレーションした結果です。

 

価格 必要マイル 1マイルの価値
エコノミー ¥139,580 50,000 2.79
プレミアムエコノミー ¥404,420 72,000 5.61
ビジネス ¥559,420 85,000 6.58
ファースト ¥1,299,420 150,000 8.66

 

国内線と比べると、国際線の方が圧倒的にお得です。

エコノミーでも2倍以上の価値

なんと、、、

ファーストクラスになると国内線の7倍以上!!!

ビジネスでも国内線の5倍以上!!!

 

クラスの高い座席にした方が1マイルの価値はどんどん高くなります。

というより、一般ピーポーは自腹でビジネス以上は無理ですね。非現実的です。

先日、弟が貯めたマイルでビジネスでベルギー(成田-ブリュッセル)に行ったそうです。

やっぱり全然違うそうな、、、、羨ましい、、、、

 

 

ちなみに国内線でビジネス気分を少しだけ味わえる路線が、実はあります。

北海道-沖縄線のプレミアムクラスです。

飛行時間は約4時間。これは北京までのフライトと同等です。

ANAの専用ラウンジも使えて、機内での飲食も充実です。

プチ贅沢に是非どうぞ。直前アップグレード組み合わせると大変お得です。

SFC修行【国内最長札幌-沖縄】ANAプレミアムクラスに乗ってみた【ビジネスよりお得??】
国際線のプレミアムエコノミーの座席ランクによる掛け率変更はSFC修行僧にとっては改悪となり、2019年のSFC修行は国内線がメインとなっている様子です。今回、国内線の最長距離である新千歳-那覇のプレミアムクラスに搭乗する機会がありましたのでレポートします。結論として国内SFC修行では札幌-沖縄が最強路線です。
【ANAプレミアムクラスに割安で乗れる方法】直前アップグレード
ANA国内線の上位クラスシートである”プレミアムクラス”。ANAラウンジが使えたり、優先搭乗があったり、機内での食事があったり、と様々なサービスが受けられ憧れの的ですが、通常の運賃よりもだいぶお値段が高い設定になっています。そんなプレミアムクラスに割安で乗る方法をご紹介します。

国際線は地方空港からでも同じマイル

地方空港から羽田 or 成田への追加マイルはかかりません。

”日本からフランクフルトへ”で一定のマイル数

なので、

日本のどの地区から飛んでも一律の必要マイル数です。

例えば、札幌 – 羽田間は安くても往復2万円はしますので、

その分を加味すると、さらにお得と言えます。

特典航空券の注意点

マイルの期限は3年間

一般的なANAマイレージクラブのマイル保有期限は3年間です。

3年間で使い切らなければ権利を失行してしまうので注意が必要です。

カードによってはマイルの変換が無期限のものもあります。

有効期限ギリギリになってしまった場合はANAコインへの変換という手もありますので、

ご安心を。

特典航空券ビジネスクラスは争奪戦

一般のANAマイレージクラブに解放されいるビジネスクラスの

特典航空券での席数は極めて少ないです。

羽田 – ハワイ間では1~2席では??という噂です。

なので争奪戦必死です。

 

一方で

ANAの上級会員(SFCメンバー、プレミアム or ゴールド)の場合は、

解放されている席数が増えるので比較的座席を確保しやすいと、言われています。

そのためにSFCの上級会員を目指す方もいらっしゃるそうです。

 

SFC上級会員になるためには、プレミアムポイントというのを貯める他に手はありません。

しかも、プレミアムポイントは飛行機に乗ることでした貯めることができません。

したがって、上級会員になるためにひたすらに飛行機乗りプレミアムポイントを貯めることを、

”SFC修行”といいます。また、その活動をしている人達を”修行僧”といいます。

相当な本数を乗らなければいけないので、SFC修行はそれなりのコストがかかります。(50万前後)

仕事で頻繁に乗る方でないと、なかなかなハードルです。

2019年、僕は二回の海外出張が予定されているので、SFC上級会員を目指すことにしました。

どうなることやらです。

【飛行機に乗って貯まるのはマイルだけじゃない】ANAプレミアムポイントについて解説
”マイレイージ(マイル)を貯めよう”というフレーズは、色々なところで聞きます。実は、飛行機に乗って貯まるのはマイルだけではないのです。ANAであれば”プレミアムポイント”というのが貯まります。今回は、プレミアムポイントはどうやって貯まるのか??貯まるとどういったメリットがあるのか??について解説します。
【2019 コスパ最強 SFC修行】札幌-沖縄 バリュートランジット28 【実際の記録を公開】
SFC会員になると多くのサービスを永年で受けることができます。プレミアムポイントは登場することでしか貯めることがでいないため相当数の搭乗が必要です。そうなると経費もかさむことになるのでコスパ良く航空券をGETする必要があります。今回は、コスパ最強のバリュートランジット28について解説します。
ということで、今回は1マイルの価値を考えてみました。国際線のビジネスクラス以上は高価で普通には乗れなさそうなので、マイルを貯めて乗るのが良さそうですね。ANAのマイレージですが、上手にためて使えば非常に大きな利点があるように思います。