ANA 提携航空会社 マイル事後登録の注意点

実はANAのマイル・プレミアムポイントは、他の航空会社を利用した場合でも貯まります。

一般的にはスターアライアンスというグループに加盟している航空会社を利用した場合にANAのマイル・プレミアムポイントに変換できます。こういったエアーラインを”提携会社”といいます。

国際線の格安チケットなどは、海外の航空会社のケースがほとんどです。その場合、まずは”スターアライアンス”で絞り込み検索をかけてから航空会社を選択しましょう。

格安航空券も購入時にマイレージの番号を聞かれる場合がありますが、これはマイルの付与を確約したものではありません。もし、自動でマイルやプレミアムポイントが付与されない場合は、後ほど “事後登録” という手続きを自分でする必要があります。

今回は、その方法についてまとめます。

結論。事後登録はwebで簡単。航空券とEチケットはマイルとプレミアムポイントの付加が確認できるまで保管しましょう。
スポンサーリンク

提携航空会社とは?

ANAとの提携には3つの種類があります。

  • スターアラインアンス加盟
  • スターアライアンスコネクティングパートナー
  • マイレージ提携

スターアライアンス加盟

マイルもプレミアムポイントも貯まる。割と大規模な会社。ラウンジも共有。

スターアライアンスコネクティングパートナー

マイルもプレミアムポイントも貯まる。スターアライアンスとの業務提携。加盟はしていない。割と小規模な会社。

マイレージ提携

マイルの提携のみ。プレミアムポイントは貯まらないので注意が必要。

ANA 提携航空会社 スターアライアンス

上記の様に3つの種類です。

また、各旅行サイトは“スラーアライアンス””ワンワールド”、もしくは”スカイチーム”といったグループ毎に検索する機能があるので、これを使いましょう。

国際線でSFC修行の場合、マイレージ提携の会社は避ける様に注意しましょう。

 

もうSFC取得済みで、格安航空券をお探しの場合には利用価値ありです。

スターアライアンス加盟の会社よりは安価で提供されていることが多いですし、スターアライアンスゴールドの特典はANAと同様に受けることができます。

 

 

事後登録の方法

まずは”ANA 事後登録”などでwebページへ飛びましょう。

そこからは非常に簡単。以下の項目を入力します。

・登場年月日
・便名
・区間 
・座席番号

これを入力するだけです。

搭乗券にある情報だけです。

 

反映までの期間はまちまちだそうです。

ANAから提携会社へのデータの照会があるようでその対応が各社違うようです。

確定するとANAからメールがきます。

タイトルは ”【ANA】マイルの事後登録に関するご連絡” ですので忘れずチェックしましょう。

 

また、マイルは”マイル口座残高照会” で確認できますので、

ANAからのメールのURLから入って確認するようにしましょう。

ちなみに、今回は パリ-フランクフルト-東京で3346マイルが貯まりました。
申請から2-3日でメールがきましたので比較的ストレスなくマイルの積算が確認できました。

マイル事後申請の注意点

・搭乗券、Eチケット控えはマイル登録が確定するまで手元に保管しておきましょう。
・期間は搭乗3日後のPM〜6ヶ月以内。
・カードのボーナスポイントは反映されません。
・メールと郵送でも可能です。こちらも搭乗券、Eチケット控えは必須です。

とにかく大切なことは、搭乗券をなくさないことです。

ぼくは、クリアファイルでEチケットと一緒にして保管しました。

また、座席番号がわかるような搭乗券の写真を撮っておくことも有効と思います。

ということで、今回はマイルの事後登録について解説しました。

せっかくの海外渡航です。しっかり、マイルとプレミアムポイントを貯めましょう。