【ラジエーションハウス 第11回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)

画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。

CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。

一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を述べます。

ラジエーションハウス 1 ヤングジャンプコミックス / モリタイシ 【コミック】
【在庫あり/即出荷可】【新品】ラジエーションハウス (1-7巻 最新刊) 全巻セット
created by Rinker
¥5,184 (2019/09/20 10:21:39時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

第11回のテーマは??(ネタバレ注意)

今回で最終回ですね。前回は杏ちゃんのお父さんの頭のMRIを再検査が終了して、続けて髄液漏れの検査をする、というところで終了でした。頭部MRIには、慢性の硬膜下血腫のみで、他は異常なし。お父さんの症状は、立ち上がるたびに頭痛、うつ病に似た症状。いったい何の病気??そして、もう一つ、技師長さんの息子さんの深刻そうな表情での話し。

今回の“スーパー技術”

今回は脳脊髄液減少症・低髄液圧症を確定診断に導いたところでしょう。

以下に疾患の解説と検査を解説します。

脳脊髄液減少症・低髄液圧症

なんらかの原因で脳脊髄液が漏れている状態です。脳脊髄液は脳の脳室という場所で産生されて、脊髄の周り通り腰の方へ降りていきます。この時、髄液の通り道は“硬膜”という比較的硬くて丈夫な膜でカバーされていますが、ここに穴が開くとそこから脳脊髄液が漏れ出ていきます。髄液が漏れた結果、脳の周りの脊髄液が足りなくなりそれが原因で色々な症状がでます。

脳脊髄液減少症・低髄液圧症の症状

頚部痛、全身倦怠、起立性頭痛、背部痛、視力障害、視力低下、視野異常、羞明、視覚異常、めまい、吐き気、聴力障害、顎関節症、頭重感、坐骨神経痛、上肢痛、顔面痛、筋肉痛、腰痛、肩甲骨間痛、脳神経症状、聴神経、耳鳴り、聴力低下、聴力過敏、耳閉感、三叉神経、顔面違和感(顔面しびれ・顔面神経麻痺)、開口障害(顎関節症)、迷走神経、自律神経障害(動悸・発汗異常・体温調節障害・腸管運動障害等)、目のぼやけ、眼振、動眼神経麻痺(瞳孔散大)、眼瞼下垂、複視、光過敏、外転神経麻痺、味覚障害、嗅覚障害、咽喉違和感、発声障害、嚥下障害、高次脳機能障害、集中力低下、思考力低下、記憶力低下、鬱、睡眠障害、内分泌障害、月経異常、インポテンツ、乳汁分泌等、免疫異常、易感染症、アレルギー、易疲労感、食欲低下、電磁波過敏症、意識障害、無欲、小脳失調、歩行障害、パーキンソン症候群、認知症、上肢のしびれ、神経根症、直腸膀胱障害、頚部硬直、慢性脱水症状、痩せなど、多様な症状が出現し得るとされる。これらのような症状が出るために、脳脊髄液減少症を発症した年代によっては、例えば更年期障害と見誤られることもあるのではないかと言われている。

wikipediaより引用

症状が非常に多岐にわたります。これが診断を難しくする一因です。症状により精神疾患と混同されます。典型的な症状がないので、色々な疾患を想定しなが検査を進めていき、最終的に脳脊髄液減少症にたどりつく場合が多いように感じます。

むち打ち後の後遺症??

脳脊髄液減少症のはっきりとした原因はいまだにわかっておりません。しかし、交通事故でのむち打ちなど頚椎にダメージを受けたのちに、後遺症として上記の様な症状が出て、その原因を検索していくと脳脊髄液減少症であったという場合があります。

実はこの疾患は、脳や脊髄含め全身を色々と検査しても、はっきりした疾患が見つからず、“もしかしたら、脳脊髄液減少症??”と考えて、髄液漏れの検査をし、診断が確定する、ということが多いです。

脳脊髄液減少症・低髄液圧症に対する画像検査

脳脊髄液減少症に対する、直接的な検査は、脳造影MRI、MRミエログラフィ、CTミエログラフィ、脳そうシンチグラフィです。

以下に詳細を解説します。

脳造影MRI

陽性の脳の髄膜肥厚の所見が得られる場合があり。カドリニム造影剤を静脈注射する。

MRミエログラフィ

脊椎全体の脳せき髄液を画像化する。造影剤なして撮像できるのが利点。

CTミエログラフィ

腰椎穿刺をして、脊柱管内にヨード造影剤を入れた後、椎体全体のCTを撮影する

脳そうシンチグラフィ

CTミエログラフィ同様に脊柱管内に薬剤を入れる。入れる薬剤はライジアイソトープという放射線を出す薬剤、通称RI。それを入れてある程度時間をおいて撮影します。

 

一般的にはシンチグラフィーで確定させます。

読影時の注意点は以下に挙げられます。

  • 正確な体位で撮像されていること、側湾症がないこと。
  • 腎や静脈叢への集積を除外すること。
  • perineural cyst や正常範囲のnerve sleeve 拡大を除外すること。
  • 複数の画像表示条件で読影すること。
  • 脳槽シンチグラフィーは撮像条件や画像表示条件が診断能力に強く影響するが、未だ条件の標準化はなされていない。

 

平成22年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野)脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する研究班 脳脊髄液漏出症画像判定基準・画像診断基準

 

脳脊髄液減少症

ドラマ内の補足が必要かもと感じた部分

実際どっちの疾患

今回は技師長の息子さんの友達は、脳脊髄液減少症で、杏ちゃんのお父さんは低髄液圧症とのことでした。脳脊髄液減少症が治療されずに経過すると、髄液が足りなくなって低髄液圧症となるので、この二つの疾患に明確な境目はありません。

診断のキーとなるのが脳の造影検査ですが、低髄液圧症の場合の脳の造影検査で硬膜の肥厚像がみられることが多く、とても典型的な所見です。杏ちゃんのお父さんは造影のMRIはやってないようで、はっきりとしませんが長い経過と強い症状、縦に切った脳の断面から低髄液圧症と判断されたと考えます。

治療法はブラッドパッチ

脳脊髄液減少症の治療法で有名なのが、ブラッドパッチです。これは脊柱管近くに針を刺しそこから自己血を注入する方法です。“血(blood)でパッチをする”とう治療方法です。正式には硬膜外自家血注入療法といいます。2016年に保険適用となった治療法で比較的新しい治療法と言えます。効果がでる方は、今までの症状がうその様になくなると聞きます。ただし、施行した全員に必ず効果がみられるといったものでないようです。治療がとてもうまくいった症例(著効例)があると、それだけで学会報告する価値のある治療法と疾患のようですね。

以前勤めていた病院で検査から治療までを行なっている医師がいたので、ぼくも経験として検査方法や診断・治療の流れを把握していますが、この検査や治療法を積極的に行なっている施設は限られるものと考えれられます

胸椎の方が難しい

今回、杏ちゃんのお父さんは腰椎と胸椎からのブラッドパッチを施行することになりました。

脊椎は頚椎に始まり、おしりの尾骨までずっと連なっており体を支えています。その中でも腰椎は骨が比較的大きく、骨と骨の隙間も割と広いです。

しかし、胸椎は隙間が狭く、針を通すのが腰椎と比べてシビアです。胸椎の中の脊髄神経を傷つけてしまうと、広い範囲に障害が出てしまうので非常に慎重に穿刺を行う必要があるわけです。実の父を治療する杏ちゃんの手が震えるもの良くわかる話です。唯織が代わりにやっちゃいましたが、、、、、

【ラジエーションハウス 第1回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師が感想と解説を述べます。
【ラジエーションハウス 第2回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師が感想と解説を述べます。
【ラジエーションハウス 第3回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
【ラジエーションハウス 第4回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり) -写っているものは全て観る姿勢が大切-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
【ラジエーションハウス 解説 第5回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり) -大量のデータは撮った後の方が大変-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
【ラジエーションハウス 解説 第6回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり) -メスを使わない手術 IVRはこんな感じで進みます-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を述べます。
【ラジエーションハウス 第7回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)-ちょっとしたサジ加減で検査結果はかわります-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
【ラジエーションハウス 第8回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)-だいぶ原作と変わってきたぞ-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
【第9回 ドラマ ラジエーションハウス】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり) -胃のバリウム検査は技師の腕の見せ所-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
【ラジエーションハウス 第10回】 現役の放射線技師による感想と解説(ネタバレあり)-画像でみることの真骨頂-
画像診断、そして、どマイナー医療職の放射線技師をテーマした平成最後の月9ドラマ ラジエーションハウスが放送されています。CTやMRIなどの精密医療機器、そして数々の専門用語が飛び交っています。一般の方にもわかりやすい様に現役の放射線技師(@medical_presen)が感想と解説を...続きを読む
今回で最終回。。。と、思いきや、はやくもスペシャルの予告が!!!視聴率が好調であっただけにスペシャル期待していたけど、まさかこんなに早いとは、、、、医師の仕事しちゃったりして、いろいろ言いたいこともあるが、それはまた今度まとめるとして、次のスペシャルを楽しみに待ちましょう。