格安で海外旅行をするならアパートメントホテルがお勧め!!

海外旅行は費用が高くなりがちです。航空券、ホテル、飲食、観光、お土産、etc。積み上げ式に費用はかさみますが、充実した旅行にするためには、必要経費を安く抑えつつも、快適な環境で過ごしたいものです。そのためにお勧めの方法がアパートメントホテルを利用する方法です。

ヨーロッパのホテルは“一部屋おいくら”なので、シェアする人数が増えれば増えるほど、一人分の料金が少なくなりお得になります。
スポンサーリンク

”宿泊料金の概念”の違い

日本と欧米ではホテルの単価の概念が違います。ざっくり言うと以下のような感覚。

  • 日本のホテル → 一人でおいくら
  • 欧米のホテル → 一部屋おいくら

つまり、ヨーロッパでは一部屋に大人数であればあるほど、一人当たりの料金が下がるわけです。

例えば、学生の卒業旅行のようにある程度の人数が確保できそうな場合、できるだけ大人数の相部屋がお得になるというわけです。

アパートメントホテルとは??

欧米ではポピュラーな形式のホテルです。フルサービスのホテルとは違い、基本は“なんでも自分で”です。アパートメントホテルは、キッチン用品など一通り揃っていて、数人でシェアが可能です。前述のとおり複数人の利用で宿泊費を減。たまに自炊して飲食費も減。結果、ちょーお得です。

 

僕は、海外はBooking.comで検索することが多いのですが、”滞在スタイル””宿泊施設スタイル”“アパートメントホテル”のチェックを付けて検索をすればOKです。

 

ベットルームをいくつか個備えている部屋もあるので、そういったホテルを検索すれば、一人の部屋が確保できて人数が多くてもあまり気を使わずに滞在することができますし、夜は近くのスーパーで買い出しをして、みんなで食事をすれば楽しいし安上がりですよ。

 

アパートメントホテルも何種類かの形態があるようで以下にまとめていきます。

普通のホテルのようなスタイル

2018年にパリの郊外に泊まった部屋がこんな感じでいた。外見はパッと見は普通のホテル。フロントもきちんとあって、24時間、係の人がいてくれる。部屋の作り以外はいたって普通のホテルと一緒。

 

しかし、お部屋はしっかりとアパート。キッチン、レンジ、コーヒーメーカー、レンジにオーブンが設置されていて、10畳以上のリビングと、それとは別に8畳程度のベットルーム。ベットはしっかりとクィーンサイズ以上。

 

部屋の清掃は、週に一回が基本。(希望すれば来てくれる。)ゴミ出しは自分で。洗い物も自分で。フロントがある以外は、本当に普通のアパート同じです。部屋自体はとても広いのでとても快適に過ごすことができます。

普通のマンションの数部屋をホテルとして提供しているスタイル

ミラノでの宿泊がこのスタイルでした。いたって普通のマンションの数部屋を管理会社が買い取りアパートメントホテルとして使用するスタイルです。日常生活を送っているマンションに溶け込む形になるので、とても落ち着きます。

 

不便なところといえば、チェックイン・アウトの時間が限定されていたことです。ミラノでのホテルは15:00-20:00のみチェックイン可能とのことでした。しかし、朝の10時に荷物を預けに行ったところ、そのままチェックイン手続きとなりました。そのあたりは外国の良い意味でのルーズさですかね。ちなみに、カスタマーレビューをみると20:00を過ぎると完全アウトのようでした。

 

ただし、これはこのホテルの場合のみで、いろいろな業態があるので事前に施設にメールなどで問い合わせして、確認しましょう。

個人所有のマンションを貸し出すスタイル

これはタイトルの通りです。個人所有のマンションを貸りるスタイルです。実際に利用したことがないので、なんとも言えないのですが、ホテルの業態より価格設定は安そうなので、今度チャレンジしてみようかと考えています。

 

また、直接本人同士がやり取りするわけではなく、仲介してくれるサイトがあるようです。サイト経由の方が安心感ありますね。

 

Airbnb® | ミラノ - バケーションレンタルと宿泊先 - Lombardy, イタリア
2019年11月14日 - ミラノ, イタリアの家に1泊¥ 2178から泊まろう。191ヶ国で探せる、現地の人が貸し出すユニークな住空間。Airbnbで暮らすように旅しよう。

アパートメントホテルのデメリット

シーツやバスタオルの交換は自分で申請して行います。また、朝食など食事のサービスもない場合が多いです。ただし、バスタオルも必要枚数は用意してくれていますし、フロントなどにお願いすれば交換してくれます。

 

それ以外は全くもって通常のホテルと同様です。冷蔵庫やキッチン設備が充実している分、普通のホテルよりも充実した時間を過ごせると思います。

 

ミラノでのホテル紹介

それでは実際にミラノで宿泊したホテルを紹介します。

場所はミラノ郊外のGambaraというところ。ミラノ中心部まで地下鉄で15〜20分程で静かですごしやすい住宅街でした。普通のマンションの数室をドリームズホテルが買い取りアパートメントホテルとして運用しています。なので外観は至って普通のマンションです。

 

ヨーロッパのマンションは外に塀があり、必ず施錠されているので簡単には中に入れないようになっております。インターホンで受付(Reception)にアクセスしましょう。

ミラノ アパートメントホテル

 

ミラノ アパートメントホテル

では、部屋の紹介。マンション自体の築年数は結構なものと推測しますが、部屋の中はリノベーション済みで、非常に綺麗で清掃が行き届いておりました。

ミラノ アパートメントホテルミラノ アパートメントホテル

 

ベットルームは二つ。ダブルとツイン。僕はツインをシングルユース

ミラノ アパートメントホテル

ミラノ アパートメントホテル

リビングのソファもベットのようにできるので、この部屋には計5人は泊まれるようになっています。

ミラノ アパートメントホテル

キッチン周りの非常に充実。大きな食洗機も。

ミラノ アパートメントホテル

棚と見せかけて冷蔵庫。おしゃれ。

ミラノ アパートメントホテル

 

ミラノ アパートメントホテル

食器関係も充実。

ミラノ アパートメントホテル

 

ミラノ アパートメントホテル

食洗器も。

ミラノ アパートメントホテル

 

洗濯機もあって便利。本当に普通に生活できるレベル。

ミラノ アパートメントホテル

洗面台、トイレ、シャワーなどの水回りも綺麗。シャンプーは置いてなかった。

ミラノ アパートメントホテル

 

ミラノ アパートメントホテル

 

ミラノ アパートメントホテル

アパートメントホテル選びのコツ

アパートメントホテルを利用する場合に注意したいことは、近くにスーパーがあることです。これは超重要項目です。

 

今回のように、普通のマンションを貸している場合や、個人所有の場合などは自販機すらありませんので、水も飲めない状況になります。そのため、飲み物やちょっとしたお菓子などの買い出しは必須です。

 

また、毎日外へ食事やお酒を飲みに行くのもお金がかかりますし、夜の外出は治安面でも不安かと思います。アパートメントホテルであれば、簡単な調理はすぐできますし、部屋でみんなでお酒を楽しむことも可能です。

 

一般的なホテルより、部屋は広いので普段の家同様にのんびりくつろげるので複数人での旅行では、費用面、食事面、リラクゼーションすべての面でオススメですね。

 

ミラノ観光やオプショナルツアー について↓↓↓↓↓

ということで、今回は、旅費を安く抑えるための一つのテクニックとして、アパートメントホテルについてご紹介いたしました。是非、ご検討ください。